「カードローン返済の延滞に注意を」

カードローン返済の延滞は、遅れる毎に不都合が増して行きます。3か月を過ぎても返済をしない場合には給料の一部の差し押さえの可能性もあり、更には個人信用情報機関の記録される事になるので、返済日は必ず守る事が重要となります。

 

 

カードローンを利用するとその返済方法は通常リボ払いとなります。リボ払いとはその借入金額に係わらず元利を合わせた金額を返済する為に毎月一定額払いする事を言います。その支払い金額は無理の無い金額に設定する事ができるので、普通に安定した収入のある方ならば難なく支払える金額と言えます。
そして借入れ金額が大きくなると少ない金額で返して行く事も可能になりますが、それでも返済日にきちんと返済ができない事になると、延滞という事になってしまいます。
予め決められた日までに確実に返済をする事は大切事なのです。それでは延滞をするとどのような不都合が発生するのでしょうか?

 

【銀行カードローンの延滞で生じる不都合とは】

返済日に支払いを行わずに延滞という事になると、それに対して対応をするのは借入れをした銀行ではなく保証会社という事になります。
延滞をした場合には、まず保証会社が返済が遅れている旨を知らせる電話を掛けて来ます。延滞があったからと言って直ぐに大事に至る事はありませんが、この返済の催促の電話で必ず支払う事を確認してその後きちんと返済をすれば特に問題になる事はないようです。うっかり返済を忘れてしまうという事もあるので、そういった場合は速やかに返済の手続きをしましょう。
それでもその後返済を行わず放置した場合には、3か月経過した時に補償会社が債務者に代わって借入金の弁済をする事になります。そのご債務者に対して請求をしますが、それでも支払わない場合は法的手段に訴えられる事になります。そして最高で給料の1/4の差し押さえをされます。

 

【消費者金融カードローンの延滞で生じる不都合とは】

消費者金融会社で返済金を延滞した場合は、概ね銀行の場合と同様となっています。今の大手の消費者金融では自宅や職場に取り立てに行くというような事はしなくなっています。したがって延滞の場合には銀行のカードローン同様に給料の差し押さえをされるということになります。

 

【給与差し押さえだけでは済まない延滞で生じる不都合とは】

返済を延滞する事で生じる不都合は銀行、消費者金融共に最終的に給料の差し押さえてある事は先程言いましたが、それだけで済むほど甘くはありません。
個人信用情報機関ではこのような長期に渡る延滞や、代位弁済がされた事はしっかりと記録をされてしまうのです。この事は一般的に良く言われている「ブラックリストに載る」という状況になってしまう事を意味しています。
長期延滞の段階で弁済をすれば1年程でこの記録は消えるので、その後の審査に支障を来す事はありませんが、代位弁済が行われる事で5年から10年の間は新たにお金を借りる事ができなくなります。カードローンばかりか、住宅ローンやオートローンも組めない状況となるので、この記録が消されるまでは不自由を感じる事になります。