学生ローン以外で学生が利用できる

 

 

「大学生でもお金を借りる事ができる人になるには?」

 

大学生になるとこれまで勉強一筋で来たという人でもアルバイトを始める人も多いと思います。それには今までよりも時間に余裕ができる事、サークルや友人との付き合いでお小遣いが不足する事が理由となっている事も多いでしょう。また一人暮らしを始めた為に親からの仕送りでは不足する場合でも、アルバイトが必要になる事もあります。

 

このように大学の勉強の傍ら自分で働いて必要なお金を捻出しようとしても、それでもお金が足りないという時もあります。そんな時には金融機関でお金を借りる必要も出て来るでしょう。

 

 

【大学生でもお金を借りる事ができる可能性】

学生ローン以外で学生が利用できるところはあるのか?
大学生でもお金を借りる事ができる可能性はあるか?

 

と言えば、「ある」という事になります。ただしそれには条件があって、20歳以上である事とアルバイト等での安定した収入がある事となっています。

 

アルバイトをしている大学生ならば銀行や消費者金融、学生ローン等でお金を借りる事ができますが、申込みをした後に必ず行われる審査においてその人の状況によって有利に働く事もあれば、不利に働く事もあります。

 

 

【大学生がお金を借りたい時に有利になる時】

 

アルバイトをしている大学生がお金を借りる為に金融機関で申込みをする時、その後に必ず行われる審査に通る為に有利になるのは、2つの条件が揃っている時です。

 

  • 1.アルバイトの期間が長い
  • 2.アルバイトで得た年収が多い

 

以上の2つのポイントは審査に大きく影響をする属性となります。アルバイト期間は1年以上ある事が理想的ですし、アルバイトで得る収入も年収にして100万円程あると審査に有利になると言われています。

 

アルバイト期間が長い事では安定した収入を得る為の手段が確保できていて、今後も継続される事が可能であると判断をされます。ただしアルバイト期間とは、あちこちのアルバイト先を転々としているのではなく、1つの職場で継続して働いている期間の事を言います。
そして年収が多い事では返済に充てる資金が十分あると判断をされますので、返済の能力があると認められます。

即日融資希望ならアコムです!

即日融資を希望するならアコムはオススメです。インターネットで申込みを完結できるので、私はアコムを専門に利用しています。申込みをするとその日の内に振込みしてくれるので、使い勝手の良い消費者金融ですよ。初めて申し込む人は運転免許証などの身分証明書や、50万円以上借りたい場合ならば収入証明書を事前に用意しておくと、手続きがスムーズに進みます。(会社員・23歳女性)

 

【大学生がお金を借りたい時に不利になる時】

 

お金を借りたいアルバイト学生が審査で不利になる時とは、単純に言えば前記の審査で有利になる場合の反対のケースという事になります。アルバイトをしていても転々をアルバイト先を変えている事や、収入が少ない事で審査に通らないという事も多いです。それ以外の審査で不利になる理由とは以下の事が挙げられます。

 

  • 1. 他社での借入がある
  • 2. クレジットヒストリーがない
  • 3. 過去に分割払いやリボ払い等の長期延滞や債務整理等の事故情報がある。

 

他社での借入れでは銀行や消費者金融での借入れが無くても、奨学金等の学生ローンを自分の名義で借りている場合には、他社の借入れがあるとみなされて審査に不利になる場合もあります。

 

またクレジットヒストリーとは、個人信用情報機関に書きこまれるクレジットに関する情報の事です。金融機関が審査をする時にはその人の年収や勤続年数だけでなく、このような信用情報もチェックをする事になります。その時には過去に借入れをして返済を期日までに行ったという情報を持つ人が最も信用ができる人であると判断をされます。その為にはクレジットカードを持ち、定期的に利用をして返済をする事を積み重ねて行くと良いでしょう。

 

また学生の内から自己破産等の債務整理をする人は殆どいないと思いますが、返済の延滞ならば良くある事と言えるでしょう。借金の返済でなくても携帯電話の機種代を自分で払っている場合、支払いの延滞があると信用情報に記録をされてしまいますので、審査では不利になります。

 

以上の様な事を注意する事で、学生ローン以外でも学生利用できるキャッシングサービスは、大学生でもお金を借りる事ができる人になる可能性があります。